木のぬくもりと機能性 | 一戸建て住宅の購入は慎重に|長年一緒に連れ添う相棒

一戸建て住宅の購入は慎重に|長年一緒に連れ添う相棒

家

木のぬくもりと機能性

相性が良い日本と北欧

レディ

スウェーデンやフィンランドを始めとする北欧文化は、日本の文化とも調和のとりやすいデザインが多く、インテリアや家具、雑貨などが人気となっています。そんな中、住宅においても北欧住宅を選択する家庭も増えています。北欧住宅といっても、明確な定義があるわけではありません。しかし木材をふんだんに使っているという点は、日本の住宅にも通ずるものがあり、親しみやすいと考えられています。また色調も、アースカラーといった自然志向の色合いで、間取りに和室を取り入れてもマッチしやすいという利点があります。北欧は、寒さが厳しい地域であるために、外気温の冷気を室内に取り込まないようサッシが木材で作られています。一方、日本は地球温暖化の影響もあり、夏の気温上昇が深刻な問題となっています。北欧住宅の木製サッシは、遮熱効果があるために、室内の気温上昇を抑えることが出来るのです。このように気候などに大きな違いがあるものの、日本人の暮らしには取り入れやすい部分も多く、北欧住宅が広がっているのです。

機能性も抜群の工法

2北欧住宅は日本古来の住宅と似ている部分もあります。例えば、世界遺産の飛騨高山合掌造りです。雪深い地域のために、屋根の勾配が急で、雪が屋根から落ちやすい造りになっています。北欧住宅も、屋根の角度が急な場合が多く、同じような理由からなのです。間取りにおいても、日本の昔の住宅は部屋を細かく仕切るものではありませんでした。ふすまや障子などでゆるく部屋を仕切る間取りで、廊下や仕切りがない北欧の家と似ているといえます。しかし北欧住宅の良さはその機能性にあるといえるでしょう。日本では多くの住宅で木造軸組方法がとられていますが、北欧住宅は特殊な工法で、断熱性と気密性に大変に優れています。これにより北欧の真冬の寒さに耐えられるようになっているのです。そして独自の工法は地震にも強く、火災にも強いという特徴があります。木の温かみと機能性を両立した北欧住宅は、日本文化にもマッチした住宅なのでしょう。